横浜の引越しを安くする唯一の方法とは!?

横浜市内や横浜への引越し、横浜からの引越し料金の目安はどのくらいなのか、これは引越しをする日取りによっても変わってしまうために、実はおおよその費用しか分からないものなのです。宅配便のように距離とサイズ・重さで送料が決まるという単純なものではないのです。

 

引越し日にどこの業者の料金が安いのかは見積書をたくさん取り寄せて比較するのが最善の方法です。またそれ以外の手段はないのが現状です。テレビCMでよくみる日通やアート引越センター、サカイ引越センターなどでどうしても引越しをしたい!という場合でも各業者の見積もりを比較してからでも遅くはありません。実際、見積もり比較サービスの「引越し価格ガイド」での満足度調査によると全国的は引越し業者よりも地域密着型のいわゆる中小の規模の業者の方が満足度は上回っているのが現状なのです。

 

 

横浜の引越しでは横浜や首都圏、関東を中心に展開している業者を検討してみて、その後に全国規模のアートやサカイなどを検討するというのが良い方法のようです。

 

最低でも5社程度の見積もり価格を比べることが必要です。

 

横浜の引越し見積もり比較サービスを利用しましょう

引越し料金の見積もり比較をすることは、安くてサービスの良いコストパフォーマンス抜群の引越し業者を選ぶことが誰にでも可能となりました。

 

 

>>横浜の市内・市外引越しで使わないと損をする見積もり比較No.1がコレ!<<

 

横浜市内の単身引越しでは

単身パックは定額のイメージがあるけれど・・・

 

単身の引越しでは単身パックを使うと安く引越しが出来るというイメージがありますよね。

 

でも、これは本当なのでしょうか?

 

例えばテレビCMでもお馴染みとなった日通のワンルームパックの料金はニッキュッパ29,800円のイメージが強くないですか?、でもこれは平日に引越しする場合の料金。週末や祝祭日の場合には最大で34,800円の料金設定となります。作業時間が4時間で完了する荷物量と距離が条件となる近距離引越し向け単身パックですので、この料金が本当におトクなのかどうかは、ちょっと疑問に感じることでしょう。

 

そのワンルームパックに新しく加わったPLUSというサービスはもう少し荷物の多めの人向けのサービスですが(2トン車ロングを利用します)、土日祝で最大44,800円の価格設定となっています。

 

この料金であれば、なにもパックを利用する必要はないんじゃないの?って引越しを経験している人は思うんじゃないでしょうか?。他の業者で単身引越しの見積もりを取ってみると分かりますが、決して安い料金ではないですよね。それならばパックを利用するメリットは別にないということになります。

 

テレビCMというのは企業のサービスの良いイメージを与えるものです。もちろん大手の引越し業者の安心感というものはありますが、しかし、その分、料金に宣伝費が上乗せされているのは当然のことですよね。

 

そもそも引越し料金というものは、各業者の裁量(作業員人数やトラックの大きさなど)によって変わってきます。安いところもあれば、他よりも高いところも当たり前のようにあります。

 

「料金は44,800円になります」そう言われて、あなたは安いと思いますか?それとも高い?
そういう判断をするのは難しいのではないでしょうか。

 

あなたが価格判断の基準を持つためには、各社の見積もり額を知る必要があるのです!

 

上記のサービスは一括で各社の引越し見積もりを一気に取ることができる便利なサービスです。

 

その見積もりを比較すれば、どこの業者が安いのか、コスパが良いのか、料金相場はどのくらいなのかなどが誰でもわかります♪

 

利用は無料ですので、今や欠かせないサービスとなっているのですよ。

 

さらに詳しく知りたい場合には一人暮らしの引越し料金の見積もりで解説していますのでご覧ください♪

 

>>横浜の市内・市外引越しで使わないと損をする見積もり比較No.1がコレ!<<

 

ワンルームパックとは

ワンルームパックは日通の近距離引越し向けのプランです。移動距離が30qを超えないこと、そして作業時間が4時間を超えないことが利用条件とされています。

 

すでに書きましたが、ワンルームパックの利用の場合は、その料金が決して安くはないということがネックとなります。

 

一般的に単身パックと言うと、クロネコヤマトや日通のサービスを指すことが多いと思います。この代表的2社のプランの特徴は「規定した専用ボックス」を利用することになります。このボックスサイズはお世辞にもタップリ大容量と言えるものではありません。

 

どのくらいのサイズかというとおよそ1メートル×1メートル×1.8メートル程度。容量的には押入れの1段分くらいと考えると良いでしょう。この程度のサイズですので、当然ながら自転車やタンスなどの家具、大型の家電などは収まりません。中型以下の冷蔵庫や洗濯機が荷物にあるとすると、残りの容量はダンボール7〜8箱程度ではないでしょうか。

 

今、不便なく一人暮らしをされている方であれば、到底、単身パックで引越しをするというのは無謀と言って良いと思います。

 

それでもどうしても単身パックを利用したいという場合には、もし荷物が規定された専用ボックスに収まらない場合には、ボックスがもう1基、さらにもう1基と追加されて結局、かかった費用が追加されたボックス分になることを忘れないでください。もしそうなってしまえば、通常の引越しをした方が安かったと後悔することになるかもしれませんので。

 

業者を利用した方が安上がり!

引越しはかなりの費用が掛かるものです。たとえ一人暮らしであろうとかなりの金額を負担しなければなりません。荷物の少ない単身であっても驚くほど料金が高かったりした経験が私自身、ありました(長距離の単身引越しの時です)。

 

引越しサービス業者はたくさんありますが、必ず見積もりを比較して選ぶようにしましょう(最大の理由は金銭的なコストからです)。力仕事をする人員と荷物の輸送を依頼するのですから当然でしょう。

 

変な話ですが引越しをお手伝いしてもらう場合には人数を極力抑えることが大切です。友人や親戚・知人に頼むのは気軽ですが大変危険です。なぜか友人はまたその友人を呼びどんどん人数が増え予定外の人が集まりがちです。

 

友人や親戚なら無償でも済ませることができなくもないですが、さすがにあまり知らない人に無償というのは気が引けます。そこで食事費などを負担すると結構な出費になってしまいます。助っ人に声をかけるときは慎重になりましょう。少なからず家具など荷物はあるでしょうから輸送方法も考えなければなりません。

 

レンタカーも軽トラックなどの比較的安い車種を借りるようにして、積載しきれない場合はピストン輸送をするほうが安上がりでしょう。もし引越し先が歩いていける場合はハンドキャリーをするのも良いかもしれません。自治体に相談すればリヤカーを貸し出してくれる場合もあるので、重量物に対応することもできます。

 

単身引越しの場合でも人件費と輸送手段などをいかに低廉に抑えるかが重要であるといえます。でも、結局は引越し業者を利用したほうが安かった?ということにならないよう心がけましょう。

 

>>横浜の市内・市外引越しで使わないと損をする見積もり比較No.1がコレ!<<

 

横浜の新居への荷物の搬入の立ち会いについて

旧居からの荷物を搬出したあとは当然新居へと荷物を搬入しなくてはなりません。荷物を搬入する際も、自身は立ち会うことが必要になりますが。

 

その際に急遽で搬出に立ち会う必要もあるため、どちらにしても旧居から新居への移動が必要になります。この時の作業をよりスムーズに行うための方法としては、荷物を搬出したあとに、自分も引越し業者についていき、そのまま搬出に立ち会う方法か。ほかの人に新居で待機していてもらい、最初の立会いをお願いしたあとで、自分もあとから合流するという方法が取られることになります。搬入の時間というものは非常に長くかかるために、事前の打ち合わせがより重要なものとして考えられています。

 

荷物の搬入が終了した際には、必ず全ての荷物が届いているかを確認する必要があります。なくなっている荷物はもちろんのこと、傷や壊れ物などがあっては一大事です。またこういった荷物の管理をより簡単に行うことができるように、自分がどのような荷物を持って引越しに当たったのかをリストとして作っておき、新居に荷物を搬入した際に、たりないものや壊れたものが簡単に確認できるようにしておくことで、搬入作業がより円滑に行うことができるようになります。

 

もし紛失や破損等があった場合には、事故証明書を記入することで、損害賠償を請求することも可能となるために、必ず記入することが大事です。この時に証拠としての、写真やビデオなどを取っておくことでより信憑性がますことになるために有効です。こういった事故が起こる可能性もあるために、荷物の開封はなるべく業者のいるところで行うことが重要になるほか、自己証明書の発行は引越しのあと3ヶ月以内に行われなければならないなどの決まりが存在しています。

 

 

神奈川県横浜市

神奈川県横浜市、言わずとも知れた活気溢れる都市のひとつですね。横浜みなとみらい、横浜中華街など、観光地としても非常にメジャーな土地であることは誰もが認めるところでしょう。神奈川県のことを「横浜県」などと間違える人もいるくらい、その知名度の高さも抜群です。横浜市はさらに、日本にある市町村の中では一番人口が多いという特徴もあります。一時は通勤通学は東京都、という横浜都民の増加でベッドタウンとしての人口増加が目立ちました。

 

しかし、昼と夜との間での人口比率が下がり気味ではありました。近年になって常住人口が増えたりと、一層の発展が見込まれるようになっています。横浜市には行政区18区で構成されており、それぞれに観光地や施設が充実しているのも特徴です。横浜市中区には、神奈川県庁に横浜市役所、横浜みなとみらい21(新港地区)、横浜赤れんが倉庫、よこはまコスモワールド、山下公園、横浜中華街など目白押しです。西区には横浜ランドマークタワー、横浜みなとみらい21(中央地区)、クイーンズスクエア横浜、パシフィコ横浜などがあります。横浜DeNAとして新たにスタートを切ったベイスターズの活躍は、中区の横浜スタジアムで体感できるでしょう。

 

 

 

梱包資材について

宅配便を送る際、ある程度の大きさであれば段ボール箱を用意する方が多いのではないでしょうか。その段ボール箱ですが、引越しの際大活躍する梱包資材となります。

 

この梱包資材、引越し業者からある程度サービスを受けられますが、一定以上の枚数が必要になると購入することになります。その場合、高価な金額になってしまうことが多いのです。

 

そのため、引越しにかかるコストを少しでも抑えるためには、いかに安く梱包資材を手に入れるかにかかってきます。最も一般的な方法としてあげられるのは、スーパーやドラッグストアにおいてある段ボール箱をわけてもらうことではないでしょうか。

 

自分がほしい大きさの段ボール箱が手に入らないという可能性も考えられますが、粘り強く何店舗か回って探してみましょう。場合によっては、引越し業者から中古の段ボール箱を頂くというのも一つの手です。

 

また、段ボール箱の他に欠かせないのが新聞紙です。食器など割れやすい物を梱包しておくためには必須といえるでしょう。

 

また、引き出しにはさんでおくことで、固定しておくこともできるのですから非常に優秀です。積極的に活用していきたい梱包資材のひとつだと思われます。他にはガムテープや紐、作業をするための軍手など、細かい作業道具も忘れずに確保しておくようにしましょう。インターネットで調べてみると、梱包資材を販売しているサイトが多数あります。1つ1つ資材を揃える時間がない方は、インターネットでまとめ買いするのもオススメです。

 

>>横浜の市内・市外引越しで使わないと損をする見積もり比較No.1がコレ!<<

 

横浜と東京の間の引越し料金についてはこちらのページを参照してください:横浜−東京間の引越し費用の目安・相場はいくら?