見積もり書が契約書になっている場合も

見積もりの内容に納得したら、契約になります。引越し業者によっても異なりますが、基本的には見積り書が契約書になっており、特別に契約書を交わさない業者が多いようです。引越し業者は「引越運送約款」という約款を提示しなくてはならない義務を負っています。この約款は国土交通省が定めた引越しに関する約束事で、業者が守るべき義務や引越しに関する規定を定めています。

 

見積もり料は、引越し業者が下見のためにかかった交通費などの費用以外は請求してはならないことや、見積もりの際、内金・手付金等は請求しないなどが細かく決められております。解約または変更は、見積もり書に記載した日の2日前までなら無料です。引越しの前日に解約した場合は「見積書に記載した運賃(引越し料金)の10%以内」、引越し当日に解約した場合は、「見積書に記載した運賃(引越し料金)の20%以内」と決められています。なお、解約の理由が依頼人にある場合は解約手数料と別に、すでに着手した分の料金やサービスなどに要した料金を支払う必要があります。

 

なお、「引越運送約款」には、引越しの2日前までに、依頼人に対して、キャンセルや契約内容の変更等について確認を行わなければならないという決まりがありますが、お互いの信頼関係のためにもキャンセルが決まったらできるだけ早めに連絡した方がいいでしょう。なお、引越運送約款を提示していない場合や、独自の約款を定めて届出をしている業者の場合は、それぞれ約款に基づくことになりますので注意して下さい。春の就職進学シーズンは混雑しますよね。とくに引越し3月 料金は値上がりするそうです。なるべく空いている時にしたいものですが。。

引越し業者との契約|《横浜の便利な引越し業者》関連ページ

メリー引越サービス
専門業者
引越し業者はどこも同じ?