部屋の間取りを確認しておきましょう

引っ越し先の部屋を事前に下見することが出来るのであれば、出来る限り多くのことを調べておくことが、よりよい物件を引っ越し先とする事につながります。インターネットや不動産会社に掲げられている広告などによって、その物件のおおよその間取りなどを知ることは可能となっていますが、間取り図を見ただけではわからないことも沢山あり、実際に物件を確認することが、よい物件を見つけるための最も確実な手段であると考えられています。

 

間取り図にかかれていることが、必ずしも本当にかなえられているわけではありません、その物件の周辺の環境というものも、日々変化しているものであり、環境の変化というものは、その不動産会社だけの事情で行われているものではないため、実際にその物件を見てみることがおすすめとなります。代表的なものが日当たりで、多くのマンションの部屋などは南向きで日当たり良好というような記述がなされていると思います。しかし実際のところは南向きの部屋であったとしても、周辺に大きな建物が建っていたり、季節によって、日当たりも変化したりというような外的な要因によって、必ずしも納得のいく日当たりが常に確保できるとは限らないために、実際に見て確認することが重要になります。

 

そのほかにも間取りだけでは確認できないものとして収納の大きさなども存在しています。収納の大きさは間取り図からは確認できないものであるほか、収納に傷があることや、ドアが開きにくいというような思わぬ問題点が指摘されることがあるなど、収納は一度見ておきたい箇所であるとされます。出来ることならば確認の際にメジャーなどを持っていって、正確な広さを計測しておくことによって、より自分の理想とする物件を見つけることが出来るようになります。

新居の間取り−引越し前に確認しておくこと|《横浜の市内・市外引越し費用》関連ページ

下見
新居物件
周辺環境
修繕費