横浜⇔福岡間の引越し費用の目安と相場

横浜から福岡へ、福岡県の各市町村から横浜への引越し費用を考えるとき、一般的に云われている料金の目安は平均的な額であり、実はあまり意味がありません。

 

実際に各業者の見積もりを比べてみれば判りますが、A社は10万円、B社は12万円、C社は20万円、D社は20万円というような価格になることが多いからです。

 

(もちろん、上記のような場合には15万円を一応の目安として、高い安いの判断をすることは出来ますが。)

 

また引越し業者の価格は相場と云われる通り繁忙期には高く、暇な時期には安くなるもので、つまりは決まった価格が無いのです。ですから業者の都合で「どうしてもこの日に1件欲しい」というような場合にはダンピングしてでも受注しようとしますし、逆に手一杯の状態であれば驚くほどの高い見積もりを提示してきたりします。

 

現実的に引越し業者の価格はタイミング次第と言ってもオーバーな表現ではないかもしれません。

 

単身の場合でも、夫婦でも、家族でも、引越し費用を格安に抑えたいと思うなら、横浜−福岡間の引越し予定日の業者の見積もりをたくさん手に入れることが必要になります。

 

では、どうすればそうした安い業者を探すことができるでしょうか?

 

唯一絶対の方法は引越し一括見積もりサイトを利用することです。
複数の業者がインターネット上で提供しているサービスですが、一度の入力で複数の業者に見積り依頼が出せるという便利なサービスです。

 

いくつかの条件や項目を入力するだけで、わずか数分程度で格安業者を探すことができます。

 

この引越し一括見積りサイトを利用するメリットは、業者選びの時間と手間が省けること、正確な相場を知ることができること、さらには価格競争が起こせるメリットがあります。複数の業者に依頼を出せば、業者同士でお客さんの奪い合いが始まります。そのお客さんの奪い合いは価格競争に発展していき、結果として引越し費用がどんどん下降していくことになるのです。見積りに参加する業者の数にも左右されますが、一つの業者に依頼するよりも複数であるほうが費用は下がりやすくなります。

 



 

 

横浜⇔福岡の単身引越しでは単身パックの利用が良い?

単身パックは便利なサービスです。正確には定額ではないですが、安価な費用で単身引越しを行うことができます。

 

ただし、一人暮らしをしている人すべてが誰でも単身パックを利用するのが良いのか?と言えば、答えはノーです。その理由をこのサイトでは説明していますのでぜひご覧ください。

 

安いから良いと思って単身パックを利用するわけですが、ところが必ずしも安いわけではないケースがあります。というよりも既に一人暮らしをしている人であれば、ほとんどの人がそのケースに該当してしまうのかもしれません。

 

単身パックは専用の箱に収まる荷物量であることが重要なのですが、この専用の箱のサイズが問題となるわけです。大きな家具、たとえば茶だんすや洋服ダンス などは到底運ぶことが出来ないサイズなのです。もちろんベッドや自転車なども不可、、普通に生活している人が利用しずらいのが単身パックなのです。

 

もし荷物が箱に収まらない場合にはどうなるのかと言えば、追加された箱の個数分の費用が掛かってしまいます。実際にこれを知らないでうちの姉が引越しをしてしまい、随分と高額な料金を払ったことがあるんです。なので皆さんもよく注意してくださいね。

 

引越した後に「あの時、見積もり一括サービスで価格を比較していたら新しい家具や家電が買えたのに・・・」なんて後悔しないために!

 

 

 

 

 

 

引越し業者の評判を知りたいという時にはインターネットで公開されている比較サイトやランキングサイトを活用することです。

 

こうした比較サイトやランキングサイトでは、全国のいろいろな引越し業者の特徴やプラン、費用について比較したり、ランキングにしたりしています。それを参考に自分に合った業者を見つけたり、もしくは最安値を知ることも可能です。また口コミ評価などが紹介される場合もあり、そうした評判から業者を選定することもできます。

 

 

 

横浜市内の引越しは?トップページでご紹介しております>>>Click!

横浜⇔福岡の引越し費用  安い業者がわかる見積もり比較はコレ!関連ページ

北九州市
鹿児島
熊本
長崎
佐賀
大分
宮崎